お問合せ
TEL 0187-54-3210

事業案内

私たちはこんな事業をしています

 当社はNTCサーミスタの売上シェア世界No.1の芝浦電子グループとして、秋田県内で、主に次世代HEV/EVユニット専用温度センサの製品設計から製造・FA開発・品質管理まで一貫して行っています。
 サーミスタに特化した専業メーカーで、ニーズに合わせてきめ細かな仕様チェンジに対応できる高い技術力が最大の強みとなっています。
 近年は正確なセンシングが要求されるHV車のモーター用センサに当社製品が取り入れられ、国内外から高い評価を得ています。

暮らしの「快適さ」を支える
サーミスタ

 サーミスタとは、温度変化と共に抵抗値が変化する半導体のことであり、温度センサ/湿度センサ/風速センサとして様々な分野に使われています。
 芝浦電子グループは、1953年3月の埼玉本社創業以来、サーミスタ素子および温度センサの製造・販売に特化し多角経営せず、お客様のニーズに適合したサーミスタの開発に注力して参りました。
 1972年にはガラス封止サーミスタを開発し、以来サーミスタの世界標準になっております。

 サーミスタ温度センサは日常生活の中であまり目に触れる機会はありませんが、エアコンや冷蔵庫、電気釜、電子レンジを始めとする家電製品、ガス給湯器などの住設機器、複合機やプリンターといったOA機器そして自動車等非常に多岐にわたって使われており、省エネ、快適な生活を支え、世界的な環境問題を解決していくうえで、極めて重要な役割を担っております。

 私達芝浦電子グループは、人々が少しでも快適で豊かな暮らしができるよう、世界中のユーザー企業とともに環境・省エネ・安全・安心分野で世界に貢献することを経営理念として掲げております。全社員一丸となって、最新の技術と全社的な品質管理体制により時代に適合した高性能・高品質な製品を世界中のお客様にお届けし続けます。 製品情報≫
Copyright(C)2017 KAKUNODATE SHIBAURA ELECTRONICS Co., Ltd. All Rights Reserved.

TOP